トップ

矯正

歯科衛生士の魅力とは

歯科衛生士になるためには、専門学校で知識を学び臨床実習を経て、国家試験に合格する必要があります。仕事内容は、診療補助、保健指導、予防処置と多岐にわたります。助手との大きな違いは、保健指導と予防処置を行えることです。患者の口腔内の清掃や歯石の除去を行い、虫歯や歯周病を予防するための歯ブラシ指導や食生活の指導を行います。ドクターが診療をスムーズに行えるように補助しながら、不安を抱えている患者の気持ちに寄りそう看護的要素と、診療補助や歯石除去などの歯科技術的要素も必要とされるので、大変やりがいのある仕事です。

衛生士の離職率を考える

歯科衛生士不足は慢性化しており、業界では深刻な問題となっています。国家資格が必要ですが、有資格者でも実際に職業に就いていない人が多いのが現状です。現在では男性も存在しますが、過去の法律では女性限定の仕事とされていたため今でも女性が中心です。勤務先の大半は小規模な歯科診療所であるため、拘束時間の長さや給与面、人間関係の悩み、また産休育休制度が整っておらず、出産などを原因に離職し、復帰できないことなどが離職率が高い原因となっています。このような環境と人手不足を解消するために、拘束時間の短いアルバイトやパートでの募集も増えてきました。今後は少しずつ働きやすい環境が整っていきそうです。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科衛生士のやりがい. All rights reserved.